株投資の実践中 レオパレス 

株価トレードの実況中継

 

こんにちわ、すみかずです。

 

先週の株式投資実践の記憶です。

3月7日(火)と8日(水)の寄りの成り行きで、レオパレスの株を買いました。

今のところ、しっかり利益になっています。

 

私が買いエントリーをした時のレオパレスの日足チャートは次のようになって

いました。

 

レオパレス日足チャート

※クリックで拡大できます

 

私がレオパレスの株を買ったのは、日足チャートの右端の矢印のところです。

 

前回安値まで株価が下げずに横並んできたので、買うタイミングをうかがって

いました。ローソク足が下向きの10日移動平均線に触れた後の下げが浅ければ

買おうと思っていました。

 

なぜ、そのタイミングで買おうと思ったかというと、下向きの10日移動平均線に

触れた後の下げが、直近安値までに止まればその後、20日移動平均線に向かって

上昇していくことが多いからです。

 

2回目に買った日に、ローソク足が20日移動平均線に接近しました。

20日移動平均線に勝てるかどうか気になりました。

しかし、比較的長い陽線でしたし、下げ始めて3ヶ月目ですので日柄も十分です。

 

ここは様子見をすることにしました。

 

次の日、ローソク足が陽線で20日移動平均線を飛び越えました。そして、10日の

金曜日は、陰線ながら上昇を続けました。

 

現在は反発を初めて5日目ですし、下降トレンドラインの上辺に近づきましたので、

利益確定による株価下落がありそうですね。しかし、5日移動平均線と10日移動

平均線がゴールデンクロスしましたし、10日移動平均線は完全に上向いています。

さらに、20日移動平均線も上向いていました。

 

このような理由から、まだしばらく保有している株を持ち続けたいと思います。

上昇の目安は50日移動平均線にしています。

 

おそらく、20日移動平均線が下向きですので、一度反落し、その反落が20日移動

平均線で止まれば、50日移動平均線まで上がっていくと想定しています。

逆に、反落が20日移動平均線を割るようだと、上昇トレンドラインあたりまで

株価が下げてしまうかもしれません。

 

いずれにせよ、来週1週間しっかり日足チャートを観察して、状況に応じて

対応したいと思います。

 

免責事項

 

当ブログは情報提供を目的としたものであり投資をあおるものではありません。

また、記事内容は利益を保証するものでもありません。
投資に関する最終決定はご自身の判断でお願いします。

本情報で被った被害については一切責任を負いませんのでご理解ください。

Facebook

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
管理人・”すみかず”について

プロフィール画像
2010年に会社の同僚のすすめでFXを始めるが、感覚でトレードしていたため元手の50万円を失う。5年後の2015年に、たまたまYouTubeで「うねり取り」という投資手法を発見。FXから株投資に鞍替え。チャート分析を1年間みっちり行ったことで、売買タイミングがわかるようになる。株式投資のモットーは、「流れを読み、タイミングを図り、売買技術で勝ち取る」。

詳しいプロフィール

株論 サイト内検索
最新記事
twitter
株論のコンテンツ一覧
株論の人気記事